お得な情報

お得な情報

2019年度 福島県 太陽光発電補助金制度の概要

福島県内への再生可能エネルギー設備の導入を推進するため、県内の住宅に太陽光発電設備を設置する方(自家消費の場合を含む)を対象に、福島県住宅用太陽光発電設備等導入支援補助金交付事業取扱要領に基づき、予算の範囲内で補助金を交付するものです。

■ 申請期間
 2019年4月10日(水)から2020年3月19日(木)当日(17時)必着まで
※ただし、補助金申請総額が予算額に達した場合は、期間内であっても募集を締め切ります。

■ 補助金額

 太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり40,000円
※最大160,000円(4kW分まで)となります。
例えば、公称最大出力が3.71kWのシステムの場合、40,000円/ kW×3.71kW=148,000円(千円未満は切捨て)となります。

二本松市 太陽光発電システム設置費を補助します。 

太陽光発電システム設置費補助制度応募
令和元年度募集枠 2,000,000円(50件分)

■ 対象者
 自ら居住する、もしくは居住しようとする市内の住宅に太陽光発電システムを設置する方
市内の太陽光発電システムが設置された新築住宅を購入し、居住しようとする方

■ 補助金額
 公称最大出力1キロワット当たり1万円(上限4キロワット、4万円まで)
最大出力は、キロワット(キロワット)単位、小数点以下第3位を四捨五入
補助金額は、千円未満切捨て

■ 募集開始
 平成31年4月1日(月曜日)~
予算の範囲を超えた時点をもって受付を締め切ります。

二本松に住もう!三世代同居住宅改修助成金支給事業

子育て支援と高齢者支援を促進することで、定住人口の増加を図るため、子の世帯とその父母または祖父母が同居するために住宅を改修する方に三世代同居住宅改修助成金を支給します。

※令和2年3月31日までに申請ください。
※工事の施工業者について、二本松市内の事業者だけが対象となりますのでご注意ください。

■ 助成金の額
助成対象工事に要する費用の2分の1に相当する額(千円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てた額)とし、36万円を限度とします。ただし、同居する者に二本松市新婚世帯家賃助成金を支給されたことがある者がいる場合は、この助成金の額から新婚世帯家賃助成金の額を差し引いた金額とします。

■ 助成対象工事
助成対象となる住宅が三世代同居するための住宅で、曽祖父母、祖父母、父母、子のいずれかが所有する一戸建て住宅とし、改修に要する費用(消費税及び地方消費税の額を含む。)が20万円以上の住宅内部のリフォーム工事であること。

ただし、次に掲げる工事に要する費用については、助成の対象としません。
機能の向上を伴わない修繕、備品の購入、その他助成することが適当でないと認められる工事

■ 申請手続き
助成金の支給を受けようとする方は、契約締結前に申請の適否を企画財政課に確認するとともに、契約締結後速やかに企画財政課に提出してください。

定住促進住宅取得奨励金(二本松市 令和元年度)

■ 支給対象者
  市内に定住する意思をもち、平成30年4月1日以後に新築住宅取得契約を締結し平成31年4月1日以後に取得した者で、
下記の支給対象者区分においていずれにも該当する者を対象とします。

1,契約時の年齢が39歳以下の方
2,配偶者または年齢が18歳未満の子を有していること。
3,市内業者と契約し建設した新築住宅を取得すること。
(福島県外から新たに転入する方の場合は、この要件は適用なし。)
4,取得した新築住宅の所有者が2人以上である場合、取得住宅の共有持分が2分の1以上であること。
5,所有する住宅が公共事業のため収用され、当該収用に伴い新築住宅を取得するものでないこと。
6,同一世帯に市税を滞納している者がいないこと。
7,住宅取得後、3箇月以内に定住すること。
8,同一世帯にこの奨励金、定住促進奨励金、来てにほんまつ住宅取得支援事業補助金または
三世代同居住宅改修助成金を支給されたことがある者がいないこと。

■ 奨励金の額 36万円
同居する者に二本松市新婚世帯家賃助成金等を支給されたことがある者がいる場合は、
新婚世帯家賃助成金等の額を差し引いた額とします。
※ 新築住宅の所有権保存登記をした後、3カ月以内に住民登録をしていない場合には、受給資格がなくなります。

■ 奨励金の支給申請
奨励金の支給を受けようとする者は、請負(売買)契約を締結後速やかに添付書類を添えて申請するものとします。
令和2年3月31日までに申請してください。